【リートフェルトの「知られざる家具制作プロジェクト」】(1/2)

知られざる名作に隠れた機能性と使い心地の良さ。 家具は知的で豊かな日常を提供します。

このプロジェクトは、リートフェルトによってデザインされた家具デザインのなかでも、あまり一般には知られていないデザインを実際にオーダーメイドで制作するものです。

レッド・ブルーチェアとジグザグチェアは、CASSINA社から正規品として広く販売されていますが、その他にも実は数多くのデザインがあります。

それらの多くは、リートフェルトが考案した角材・板材を組み合わせる簡素な構造体によってできています。この構造体は、実は、誰でも手軽に制作できるシステムとして考えられました。

そうしたデザインのシステムを用いることで、安価で手軽にデザインのある生活を送ること、つまり「開かれたデザイン」の提供を、NDL2では「知られざる家具製作プロジェクト」として展開しています。

硬そうに見えて実は使い心地がよく、知的で機能的な家具をぜひお試しください。

 

【ミリタリー・チェア(1923)】

座面の板材は、写真のように約2.5cmほどの隙間を設けて脚部に載せられています。このことによって、着座に伴い微妙なたわみが発生することが研究によって分かりました。見た目に軽快なデザインであることに加え、座り心地も考慮された構成法が採用されてる知的なデザインのチェアです。